content.php
データベース構造
Wordpressのデータベースを調べてみました。use db;でデータベースを選択、show tables;でテーブルを表示しました。

Noimage

各テーブルについて簡単に説明します。
wp_commentmeta

各コメントにはメタデータと呼ばれる情報があり、wp_commentmetaに格納されている。
例えば、スパム対策プラグインがどのように判定したか、などもここに入ります。

wp_comments

WordPress へのコメント・トラックバック・ピンバックデータを格納

wp_links

リンク作成機能で入力されたリンク情報を格納。(この機能は非推奨になりましたが、Links Manager プラグインで有効化できます)

wp_options

管理 > 設定パネルで設定されたオプション設定情報を格納(オプション設定リファレンス参照)。プラグインの設定情報が格納されることも多い。

wp_postmeta

メタデータという各投稿記事特有の情報を格納。カスタムフィールドとして使用するほか、各投稿に情報や設定を付加するようなプラグインが、その情報を当テーブルに追加することがある。

wp_posts

WordPress データの核である投稿記事のほか、ページ、ナビゲーションメニューのデータを格納

wp_terms

投稿およびリンクの分類(カテゴリ・タグ)に使われる語句の基本情報を格納

wp_term_relationships

オブジェクト(wp_posts テーブルの各投稿記事、wp_links テーブル内の各リンク)と wp_term_taxonomy の(少なくとも 1)カテゴリ・タグとの関連付け情報を格納

wp_term_taxonomy

投稿およびリンクの分類上の語句(カテゴリ・タグ)データを格納

wp_usermeta

各ユーザ特有のユーザ・メタデータを格納

wp_users

登録ユーザ情報を格納
管理画面の左メニュー「ユーザー」で新規追加する時に必要な情報が主に格納されます。ユーザー名・パスワード・メールアドレスが主です。ただしパスワードは暗号化されて格納されますので、ここを見てもわかりません。

カテゴリー
カテゴリー別投稿を表示するには、以下の3つのテーブルを使います。たとえば、http://localhost/test/yonsyou_category1/db-design/のurlの場合、yonsyou_category1を調べ、db-designを調べ、投稿のidを知ります。まず、これらのテーブルをじっとながめてくださいね、そのうちひらめいてきます。じっと待ちましょう。

Noimage

wp_term_taxonomy

投稿およびリンクの分類上の語句(カテゴリ・タグ)データを格納

wp_terms

投稿およびリンクの分類(カテゴリ・タグ)に使われる語句の基本情報を格納

wp_term_relationships

オブジェクト(wp_posts テーブルの各投稿記事、wp_links テーブル内の各リンク)と wp_term_taxonomy の(少なくとも 1)カテゴリ・タグとの関連付け情報を格納