taxonomy.php content.php
レンタルサーバへアップロードを行いましょう。ロリポップレンタルサーバーを例にして説明をしてゆきます。10日間無料お試し期間があります。
若干紹介ページの形になりますが、お許しくだしね!!
レンタルサーバーを申し込む
ここをクリックすると、各社のサイトが見れます、見るだけ、心配なしです、どんどん見て調べてください。私も貴方がどのレンタルサーバが最適か分かりません。でも最初はこれでどうかな!!サイト訪問者が増えると考えましょう。
レンタルサーバーからのメール確認
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ロリポップ!レンタルサーバー』へお申込みいただいた方へお送りしています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ロリポップ!へお申込みいただき、誠にありがとうございます。
アカウントのセットアップが完了いたしましたのでご案内いたします。

本日より10日間は『無料お試し期間』となっております。
ロリポップ!の豊富な機能や操作性をぜひ実際にお試しください。

■ユーザー専用ページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://user.lolipop.jp

【  アカウント  】 **********
【   ドメイン   】 **********
【  パスワード  】 **********

FTP サーバーやメールサーバーへの接続情報は、ユーザー専用ページ内
『アカウント情報』または『メールツール』よりご確認いただけます。

■お客様の URL
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://**********.lolipop.jp

サイトの表示が可能となるまでに、お申込み完了から
30分程度お時間がかかります。しばらくお待ち下さい。
独自ドメインを設定する場合は下記のマニュアルをご参照ください。

▽独自ドメインの設定と解除
http://lolipop.jp/manual/user/chg-plan/

————————————————————————
ロリポップ!レンタルサーバー http://lolipop.jp/
————————————————————————
GMOペパボ株式会社 http://pepabo.com/company/overview/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FTPツールの設定「FileZilla」
FTPサーバー 、ホスト名 ftp.******.lolipop.jp
FTP・アカウント lolipop.jp-******
パスワード         *******
等を「アカウント情報」で確認してください。
Noimage
ホスト名(FTPサーバー)注:FTPアドレスはftp.から始まる、ユーザー名(FTP・WebDAVアカウント)、パスワード、ポートは21です。私は、ホームディレクトリにtempフォルダーを作りました。/home/hogehoge/tempです。Filezzilaの左窓を~/tempにして、
filezilla
wordpress簡単インストール
最初は「ロリポップ簡単インストール」を利用して、wordpressをインストールしましょう。貴方がレンタルサーバーに慣れてきましたら、次のセクションでご説明させて頂く「データベース作成」から行うと宜しいかと思います。ただし、「ロリポプラン」は使用出来るデータベースが1個です。「チカッパプラン」はデータベースが30個使えます。注意してくださいね!「ロリポプラン」の場合1つのDBに複数のWPを入れるための方法は、接頭辞を変えるだけです。wp_をwp3_とかwp4_とかに変えるのですが、データベースの負荷は大きくなります。
filezilla

filezilla

filezilla

filezilla

データベース作成
ロリポップのデータベース作成の説明を入れて置きます。ロリポップのサイトからまるごとコピーです。参考に!!
『データベース』を開きます
【ユーザー専用ページ】の『データベース』を開きます。
データベース作成

作成するサーバー

どのサーバーを選択されてもかまいません。

データベース名

お好みの名前でかまいません。

接続パスワード

任意のパスワードを入力します。パスワードは忘れないようにメモすることをお勧めします。


データベース作成完了
作成が完了しますと以下のような画面が表示されます。
データベース作成
『サーバー』、『データベース名』、『ユーザー名』、『パスワード』は、
のちほどWordPressインストール時に必要になります。

 

アーカイブの入手

ロリポップのwordpress設定の説明を入れて置きます。ロリポップのサイトからまるごとコピーです。参考に!!
WordPressをダウンロード
WordPressをダウンロードしましょう。【WordPress 日本語ローカルサイト】にアクセスし、ダウンロードボタンをクリックします。

アーカイブの入手
ダウンロードが始まります。
最新版のダウンロードをおすすめします。

アーカイブファイルを解凍
解凍ソフトは、【Lhasa】が手軽でよいのではないかと思います。
アーカイブファイルを解凍

ファイルのアップロード

サーバーに接続
お手持ちの FTP ソフト等で、サーバーに接続しましょう。

転送モード

FTPソフトの設定で、『PASVモード』を指定してください。


WordPressを設置するフォルダを作成
ここでは、WordPress本体をhttp://○○○.lolipop.jp/wordpress/に置くことにして説明していきますので、サーバースペース内に『wordpress』フォルダを作ります。
WordPress ワードプレス を設置するフォルダを作成

ファイルのアップロード
アーカイブファイル を解凍してできたファイルやフォルダを全て、サーバー内の『wordpress』フォルダにアップロードします。この作業にはちょっと時間がかかります。一服しましょう。
ファイルのアップロード

インストール

WEBブラウザでアクセス
http://○○○.lolipop.jp/wordpress/をWEBブラウザで開きます。wordpressの部分は、ご自分のアドレスを入力してください。
wp-config.phpファイルを作成します。『設定ファイルを作成する』をクリックし、お進みください。

設定ファイルの作成

データベース設定
先ほど、【ユーザー専用ページ】で作成したデータベースの情報を入力します。
データベース設定画面の入力
データベース設定画面の入力

データベース名

先ほど作成したデータベースの『データベース名』を入力します。

ユーザー名

先ほど作成したデータベースの『ユーザー名』を入力します。

パスワード

先ほどデータベース作成の際に入力した『パスワード』を入力します。

データベースのホスト名

先ほど作成したデータベースの『サーバー』を入力します。

テーブル接頭辞

『wp_』のままでかまいません。

入力後『インストール実行』をクリックし、案内に従って進みます。
インストール

設定情報の入力
『サイトのタイトル』、『ユーザー名』、『パスワード』、『メールアドレス』を入力します。
設定情報の入力
下記の画面に遷移し、『成功しました!』と表示されるとインストール完了です。『ログイン』をクリックします。
ログイン

ログイン
『ユーザー名』、『パスワード』を入力して、ログインします。
ログイン

ブログの表示
ログインし、管理者ページを開きます。左上のサイトのタイトルをクリックします。

管理者ページ
設置したWordPressが表示されていることを確認します。
ブログの表示

パーミッションの変更
WordPressのインストール完了後、『 ./wp-config.php 』『 ./wp-admin/install.php』のパーミッションを以下のように変更してください。

./wp-config.php → 400

./wp-admin/install.php → 000

変更方法は下記のとおりです。

FFFTPをご利用の場合

WordPressをインストールしたフォルダの『 wp-config.php 』を右クリックします。
『属性変更』をクリックします。

属性変更

現在の属性を『 400 』に変更して『 OK 』をクリックします。

属性変更

『 wp-admin 』フォルダの『 wp-install.php 』を右クリックします。

『属性変更』をクリックします。

属性変更

現在の属性を『 000 』に変更して『 OK 』をクリックします。

属性変更

ロリポップ!FTPをご利用の場合

WordPressをインストールしたフォルダの『 wp-config.php 』をクリックします。

編集画面の現在の属性を『 400 』に変更します。

ページ下部の『保存する』ボタンをクリックします。

属性変更

『 wp-admin 』フォルダの『 wp-install.php 』をクリックします。

編集画面の現在の属性を『 000 』に変更します。

ページ下部の『保存する』ボタンをクリックします。

属性変更